【アマゾン輸出】無在庫販売はやりません 儲からない 赤字になります



 

⇨アマゾン輸出のご質問・お問い合わせはここをクリック⇦

 

 

まず、前提として、無在庫販売は物販ビジネスにおいて禁じ手です。

 

 

 

確実な在庫を確保していないことは、商品を注文し、

その商品が届くのを待っているお客様の信頼を裏切る行為です。

 

 

 

赤字注文、商品が調達できないことを理由に、出品者都合で

受注キャンセルした場合、最悪の低評価、Amazonへ通報されても

仕方がないことだと理解していただきたいと思います。

 

 

 

無在庫販売は、「売れてから仕入れれば良いからノーリスク」

などと言われてますが、それは大きな間違いです。

 

 

 

動画の中で解説していませんが、無在庫販売の出品では

必須となるツール利用料がかかりますし、ツールを利用するには

Amazonからデータを受信する必要があるので、

Amazonマーケットプレイスwebサービス(MWS)を利用します。

 

 

 

このMWSを利用するためには、大口出品で登録することが

必須となりますので、

大口出品の月額登録料($43.19 = $39.99 + $3.20(税))

がかかります。

 

 

 

つまり、

売れる前にも費用は発生しますので、リスクがゼロではないのです。

 

 

 

この記事や動画を見ていただいて、無在庫販売を実践される方が

1人でもいなくなることを願っています。

 

 

 

⇨アマゾン輸出のご質問・お問い合わせはここをクリック⇦

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ